規約

吹奏楽団“夢”
(通称 年金バンド)
規約
 
 
第一章 総則
 
第1条(名称および事務局)
(1)本団は、「吹奏楽団“夢”」(通称 年金バンド)と称する。
(2)本団は、事務局を事務局長宅に置く。
 
第二章 目的および事業
 
第2条(目的) 本団は、高年齢者の文化活動(吹奏楽活動)意欲を満足させるため、そ の場と機会を提供することを主たる目的とする。
第3条(事業) 本団は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)楽しい練習
(2)練習後の交流
(3)他の吹奏楽活動への援助
(4)その他、目的の範囲内において適当と認めた事業
 
第三章 組織および団員
 
第4条(組織) 本団は、「年金をもらっても(もらうようになっても)吹奏楽活動をし たい」と願う吹奏楽愛好者を持って組織する。
第5条(団員) 本団の団員は次の通りとする。
(1)正団員 年金受給者および50歳以上の者。
(2)準団員 50歳未満で趣旨に賛同する者。
 
第四章 役員
 
第6条(役員と任務) 本団には次の役員を置き、任期は1年とし再任を妨げない。補欠 又は増員された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。なおその任期満了 後でも、後任者が就任するまではその任務を行う。
(1)会   長: 1名 本団の精神を醸成する。
(2)副 会 長:若干名 会長を補佐し、会長事故あるときは任務を代行する。
(3)団   長: 1名 本団を代表し、団務を統括する。
(4)副 団 長:若干名 団長を補佐し、団長事故あるときは任務を代行する。
(5)事務局長:  1名 運営実務の責任を持つ。
(6)理   事:若干名 運営の実務を遂行する。
第7条(役員の選出)
(1)会   長:総会でこれを推戴する。
(2)副 会 長:総会でこれを推戴する。
(3)団   長:総会でこれを選出する。 
(4)副 団 長:総会でこれを選出する。
(5)事務局長:団長が委嘱する。
(6)理   事:総会でこれを選出する。
 
第五章 名誉会長及び顧問
 
第8条(名誉会長及び顧問) 本団に名誉会長及び顧問を置くことができる。名誉会長及 び顧問は、理事会においてこれを推戴する。
 
第六章 会議
 
第9条(会議と決議事項) 本団は次の会議を持ち、団長がこれを招集する。
(1)総   会
  1 役員・事業・会計の承認
  2 規約の変更
(2)理 事 会
  1 事業の遂行に関すること
  2 会計の運用に関すること
  3 名誉会長及び顧問の推戴に関すること
  4 細則の決定
第10条(議長) 会議は、団長又は団長が指名した者が議長となり、議決は、出席者の 過半数の賛成による。ただし賛否同数の場合は、議長の決するところによる。
 
第七章 会計
 
第11条(経理) 本団の経費は、団費・補助金・寄付金・その他の事業収入をもってこ れに当てる。
第12条(団費)
(1)正団員  年額 10,000円
(2)準団員  年額  8,000円(ただし学生は3000円)
第13条(会計年度) 本団の会計年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる こととする。
 
第八章 付則
 
第14条 本規約の遂行に必要な細則は、理事会で定める。
第15条 本規約の改廃は、総会の決議を要する。
第16条 本規約は、平成11年4月11日よりこれを施行する。
(1)本規約は、平成15年3月22日よりこれを改正施行する。
(2)本規約は、平成19年4月21日よりこれを改正施行する。
(3)本規約は、平成21年5月2日よりこれを改正施行する。