Home/ホーム

演奏会終了の御礼
 第12回演奏会にお出で下さいまして、ありがとうございました。おかげさまで、無事終了させていただきました。皆様のお力添えに、心より感謝申し上げます。
 予想していたよりも大勢のお客様にお出でいただき、プログラムが足りなくなるという不手際があり、誠に申し訳ありませんでした。でも私たちは、皆様の温かい拍手と、素晴らしい歌声に感動し、感激し、これからの進む道に大きな大きなお力をいただきました。本当にありがとうございました。
 私たちもステージに上る人数が80人を超え、今年はステージの段を一つ減らしたり、打楽器の数を少なくするなど、苦しいやりくりを強いられました。また、お客様にも、後ろで立って聴いていただくなど、心苦しい点がありました。そこで、来年の第13回演奏会は、ホクト文化ホールの中ホールで、6月28日(日)に行うことといたしました。ステージも広く、客席も広いので、皆様方にもゆったりとお聞きいただけるものと思っています。ただ、同日大ホールでも催し物があり、駐車場が不足することが予想されます。公共の交通機関をご利用いただきまして、大勢の皆様にご来場下さいますよう、今からお願い申し上げます。
 今回の演奏会に対する皆様方の温かいご支援ご声援に、改めまして心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
第12回演奏会(6/21)について
平成26年6月21日(土)に第12回演奏会を長野市若里文化ホールで開催(入場無料)いたします。
皆さまのご来場を、団員一同心よりお待ちしております。

演奏会専用HPへ

6月15日更新




























26年度総会終了
 吹奏楽団"夢"の、平成26年度総会が行われました。引き続き、池田政紀団長の下、今年度も元気にスタートいたしました。最高年齢、83歳の村田昭六会長を筆頭に、約70名の団員は、和気藹々と、周りの誰にも影響されず、自分のペースを守って、唯々、楽器を奏でることに喜びを見出しています。
 今年度の団員の平均年齢は、50代後半ですかね。60歳以上が30人近くいます。ですから、モットーは「上手くならない!」、その内実は「上手くなれない!」。周りの人の腕を100%頼りにして、出来上がった音楽を楽しむ。だから、初心者も、年寄りも、十分音楽を楽しめるのです。
 結成当初は「年金バンド」と自称していましたが、もうちょっと夢を持とう、ということで、今の名称になりました。一番若い団員は、今のところ、高校1年生ですが、多勢に無勢で、平均年齢を引き下げる役には立っていません。ただ、演奏水準を上げるのには大いに役立っていますが。
 今年の演奏会は、6月21日(土)の13:30、若里市民文化ホールです。ぜひお出かけください。近々ホームページで内容をお知らせできると思いますので、ご覧ください。ステージから溢れ落ちないように、楽しく演奏したいと思っています。
ごあいさつ
 みなさま、明けましておめでとうございます。
 おかげさまで、「夢バンド」も、今年で15年目になります。相変わらずの「下手なバンド」ではありますが、実質団員70名という大人数で、のんびりと、しかし熱く、吹奏楽に取り組んでおります。今年も、来る6月21日(土)に、若里市民文化ホールにおきまして、第12回目の演奏会を計画しております。皆様よくご存じの懐かしい曲々を中心に演奏致しますので、懲りずに、お聴き下さることを心よりお願い申し上げます。
 よく「年をとると涙が涸れて出てこない」ということを聞きますが、私達は、年をとっても涙溢れる、情緒深き人の集団でありたいと念じております。雑音・騒音の多い私達の演奏ではありますが、涙の種を含んだ音楽を目指して、心を込めて演奏したいと思っております。その「微々たる深化」を目標にして、毎日を過ごしたいと思っております。

< 過去の情報  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >
 ★更新履歴( ▲印はメンバーズサイト )< 1 2 3 4 5 >

年金をもらえる歳になっても楽しく演奏したいと、元気なおじさんおばさんが集まって始まった通称「年金バンド」。 押入れで眠っている楽器を又吹きたい、長年の夢「楽器をやりたい」を叶えたい等々、吹奏楽が好きな方の参加をお待ちしています。